Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C101]

うっかり誰かに発見されたりしたら、
それこそ恥ずかしくて死んでしまうね 
  • 2008-12-18 21:09
  • わかば
  • URL
  • 編集

[C102]

確かにΣ(´□`;)

恥ずかしい上に、いろいろ心配されそう...

生きてるうちに見つからないよう、なんとか死守せねば。
  • 2008-12-18 22:58
  • Rhion
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinycomedy.blog22.fc2.com/tb.php/377-bace46da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺書のススメ

最近、遺書を書いてみようかなと思ったりしています。

別に、自殺願望があるとか重い病気を患ってるとかではないですよ。(汗)



なんか、「遺書」ってネガティブなイメージがかなり強いですが、「大切な人たちに宛てた、最後のラブレター」と捉えたら、すごく素敵なんじゃないかなぁと最近ふと思いました。



普段恥ずかしくて口に出せないような想いや主張、感謝の気持ち。

そういったものを改めて文章に起こすことで、自分を支えてくれている人たちの大切さや自分のアイデンティティをより強く感じながら生きれる気がします。

自分が死んだ後も伝えたい想いはカタチになって残ってくれるし。



そりゃ、もちろん死にたくはないです。

でも正直、いつ自分が死んでもおかしくない世の中です。

だったら、「今の自分」にとっての最後のラブレターを遺しておいてもいいんじゃないかな。

もっとあれやこれや言っておけばよかったとか後悔したって、死んでからじゃどうしようもないし。



でも、自分が言いたいことを今すべて書ききったつもりでも、10年もすればまた新たに伝えたいことも増えていってるはず。

そしたら、また「そのときの自分」にとっての遺書を書けばよいんです。


今の自分にしか書けないラブレター

10年後の自分にしか書けないラブレター


その時その時の自分にとっての最後のラブレターを遺していけたら、きっと楽しいと思う。

よし、「23歳の遺書」書いてみよう。

とりあえず、CDケースの中に隠しておこうかな~
スポンサーサイト

コメント

[C101]

うっかり誰かに発見されたりしたら、
それこそ恥ずかしくて死んでしまうね 
  • 2008-12-18 21:09
  • わかば
  • URL
  • 編集

[C102]

確かにΣ(´□`;)

恥ずかしい上に、いろいろ心配されそう...

生きてるうちに見つからないよう、なんとか死守せねば。
  • 2008-12-18 22:58
  • Rhion
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinycomedy.blog22.fc2.com/tb.php/377-bace46da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Rhion

Author:Rhion
栃木在住のパティシエ。
唐揚げと音楽をこよなく愛する。
フラットマンドリンが相棒。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。