Entries

me me she







僕を光らせて 君を曇らせた

この恋に僕らの夢をのせるのは重荷すぎたかな


君の嫌いになり方を僕は忘れたよ

どこを探しても見当たらないんだよ


あの日どうせなら



  「さよなら」と一緒に教えて欲しかったよ

  あの約束の破り方を 他の誰かの愛し方を

  だけどほんとは知りたくないんだ



約束したよね 「100歳までよろしくね」

101年目がこんなに早くくるとは思わなかったよ


こんなこと言ってほんとにごめんね

頭で分かっても心がごねるの


だけどそんな僕



  造ってくれたのは 救ってくれたのは

  きっとパパでも 多分ママでも 神様でもないと思うんだよ

  残るはつまり ほらね君だった



僕が例えば他の人と結ばれたとして

二人の間に命が宿ったとして

その中にもきっと 君の遺伝子もそっと

まぎれこんでいるだろう


でも君がいないなら きっとつまらないから

暇つぶしがてら2085年まで待ってるよ



  今までほんとにありがとう 今までほんとにごめんね

  今度は僕が待つ番だよ 君が生きていようとなかろうと

  だってはじめて笑って言えた約束なんだもん



  「さよなら」と一緒に 僕からの言葉を

  「ありがとう」と一緒に 「ごめんね」を



「空が綺麗だね 人は悲しいね」

また見え透いたほんとで僕を洗ってよ


次がもしあれば


僕の好きな君 その君が好きな僕

そうやっていつしか僕は僕を大切に思えたよ


この恋に僕が名前をつけるならそれは「ありがとう」



(詞:野田洋次郎)





昨日、自分へのごほうびに買ったRADWIMPSのアルバムに入っていた曲です。

まぁ、いつものごとく泣いてしまったわけです。

タイトル通り「女々しい」男心が綴られていて、図らずも共感してしまいました。

男は女々しいものなのさ~

ぐすん。

PVも切ないし。


とりあえず、歌詞の中の

  約束したよね 「100歳までよろしくね」

  101年目がこんなに早くくるとは思わなかったよ

という部分に感銘を受けました。

すげぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinycomedy.blog22.fc2.com/tb.php/323-5439f0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Rhion

Author:Rhion
栃木在住のパティシエ。
唐揚げと音楽をこよなく愛する。
フラットマンドリンが相棒。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる